スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

疾風レビュー

haya

予定より大分遅れましたが先月Artisanから発売されたマウスパッド、疾風のレビュー書きました。参考にしてみてくだされ。
スポンサーサイト
[ 2011/09/12 08:06 ] Review | TB(0) | CM(5)

SHIMAKIX MANGA -004-


エマ

森薫によるヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台にしたメイド漫画。コミックビームにて2002年から2006年まで連載された。全8巻で2005年にはアニメ化もされた。ここ最近、メイドと聞くとコスプレのメイドやメイド喫茶店などが思い浮かぶが、これはそういった日本人が性的な対象として本来のメイドを大きく歪曲したモノとは異なり、本来のメイドの姿を19世紀後半の階級社会が根強く残ったイギリス社会を舞台に描いている。内容は恋愛をベースとしたヒューマンドラマであり、言ってみればロメオとジュリエット、許さざる恋の行方から目が離せなくなる。女性誌に掲載されるような女性が描く恋愛モノの漫画が苦手な俺だが、こういった青年誌に載る恋愛漫画は女性が描いたモノは俺のツボにきやすい。っていうか泣いた。俺のお気に入りの恋愛漫画である。しかし巻末の後書きや作者の言葉を見ていると、未だに作者が女性であることが信じられない。



乙嫁語り

エマと同じく森薫による漫画で、エンターブレイン発行の「fellows!」に創刊当初から掲載されており、1年ほど前に2巻が発売されたが未だに3巻は出ていない。俺が首を長くして続巻を心待ちにしている漫画の一つだ。ストーリーの舞台となるのは19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺の草原地帯という一風変わった設定。シルクロードに生きる遊牧民と定住民の生活を描いており、主人公のアミルが8歳年下のカルルク(12歳の少年)に嫁いできたところから始まる。この主人公のアミルは、ここ数年間で俺が読んだ漫画の中で「凄く嫁にしたいランキング」堂々のNo.1といっても過言ではないほどに魅力的だ。天真爛漫で活発的で、狩猟をさせればそこらの男には負けない腕前の持ち主で、それでいて気配りが出来て、恥じらいと男をたてる事を忘れない最高の嫁である。野性的かと思えば乙女な一面も見せる、そのギャップをまるで読者に主張してくるように上手く描いている。女性が描く女性キャラクターに魅力をイマイチ感じ無い事が多い俺にここまで言わせるとは作者の森薫先生は只者ではない。また、エマを読んでいた時に感じる事はあまりなかったが、この作品の絵柄はかなり俺好みで絵に魅入るシーンも何度もあった。早く続きが読みたい・・・。
[ 2011/02/28 16:41 ] Review | TB(0) | CM(6)

SHIMAKIX MANGA -003-

更新頻度を多くするためにこの俺の好きな漫画紹介シリーズを1回につき10作紹介から2作~3作にしようと思います。



AKIRA

1982年から1990年まで週刊ヤングマガジンにて連載されていた大友克洋による近未来SF漫画。全6巻。1988年には映画化・ゲーム化された。80年代初期に執筆されたとは思えないほど緻密でリアルな演出、裏設定によって重厚に練り上げられたキャラクター達、そして何よりも圧倒的といって良いほどの画力と書き込み。作者大友の徹底したリアリズムは日本漫画界に革命を起こしたといわれており、画の表現史を画するものとして「大友以前、大友以後」という言葉もしばしば用いられているほどである。この漫画を読む上で必ず踏まえておかなければならないのは、この漫画が80年代初期に執筆が開始されたという点である。リアルとは言い難いデフォルメと美化されたキャラクターが漫画の原則であった時代の常識を根底から覆し、リアルを追求した今で言う成年向けのアダルトな漫画の誕生である。今読むと既視感を覚えるシーンや演出が多いが、それは多くの漫画家達が大友の影響を強く受けているからに他ならない。今では当然のような描写、例えば3D空間を上手く意識したカメラアングル、キャラクターや背景の緻密でリアルな描写、精神の力を球体で表わすなどといったものも大友以前では存在しなかったといわれている。そしてそれらの要素が当時では考えられないほどの世界観を生み出している。また、その影響は日本だけに留まらず海外でも高い評価を受けており、アニメ版AKIRAで表現された緻密な世界観は海外でジャパニメーションと称されるほどの衝撃を与えた。作中で主人公金田が駆るバイクの独特なデザインが人気を博し、世界中のバイクメーカーが幾度と無く金田バイクのレプリカを製作し、モーターショーを盛り上げ、今では走行可能な段階になっている。このように日本の漫画を変えたといっていいほどの多大な影響がある作品であるにも関わらず、今の若い世代にはイマイチ認知度が低いようにも思える。俺もAKIRAという凄い漫画があるという事だけは知っていたが実際に読んだのは二十歳の時だった。日本の漫画史に残るどころではすまないレベルの作品であり、漫画好き以外にも是非読んでほしい作品である。



岳 -みんなの山-

2003年からビッグコミックオリジナルにて連載中の石塚真一による山岳救助を題材にした山漫画。2008年にはマンガ大賞を受賞し、2011年には実写映画化が予定されている。作品を通して山の魅力を読者に訴えかけると同時に、忘れてはならない山の過酷さを教えてくれる。登山なんかに全く興味がない俺がなんとくなく満喫で目に入ったのを切欠に読んでみると山へ強い興味を覚え、危険を冒してまで山に挑む人間の心理が少しは理解できた。題材はあくまで登山ではなくレスキューなので内容はシリアスではあるものの、山のように大きな器を持った魅力的な主人公のおかげでシリアスなシーンもワンクッションおかれているように感じる。
[ 2010/12/07 12:46 ] Review | TB(0) | CM(1)

SHIMAKIX MANGA -002-

さて、あんまり待ってる人もいなさそうなSHIMAKIX漫画バージョン第二弾。結構書くの時間かかるのよねこれ・・・。まぁお暇な人は次読む漫画の参考にでもしてみてください。
[ 2010/11/10 17:33 ] Review | TB(0) | CM(7)

SHIMAKIX MANGA -001-

配信中にレイさんのお勧め漫画をリスト化してほしいという要望が今まで何度もあったのでやってみようと思います。いざ頭に思いつく好きな漫画をリストアップしていったら100を超えてしまったので再度厳選しなおしたんですが、それでもやっぱり100超えちゃいますね。一つ一つ少しではあるものの紹介していくと結構時間がかかるので10個ずつ出していこうと思います。まぁ漫画好きなら大体知ってるのばかりだと思いますが、暇つぶしにどうぞ。あと少年ジャンプの漫画はメジャーすぎるので3点のみ好きすぎるのだけいれる事にしました。取り敢えず思いついた順に紹介していきます。


[ 2010/09/28 22:41 ] Review | TB(0) | CM(20)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。