スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4dNの軌跡と裏話 -4dN結成編-

当ブログを愛読してくださっている方々から4dNの頃の話を聞きたいという意見を幾つか頂きました。確かに当時では語れなかったが、今なら言える事は多くあります。暇つぶしに少しづつ書いていこうと思います。取り敢えず最初は初期4dNの設立までの流れでも書いてみようと思います。

注意 : 4dNはスポンサーがついていなかった頃の初期4dNとPSYMINが正式にスポンサーについた後期4dNがあります。
2003年9月、当時の日本CS界はDeadly DriveFrozen Shadowという国内最強を自負する二つのチームが解散し、ガチで世界を目指しているクランがいない状態でした。新興勢力であるOwnzと元Deadly Driveである俺とparanoiacが所属するXenocrystのどちらかが日本最強であったものの、両チーム共毎日適当に試合をこなす程度でとてもガチといえるチームではありませんでした。俺はこのような時期を王者不在の時代と呼んだりしてます。

そんな中、2003年10月にCPL WINTER 日本予選が発表され、自分の所属するチームXenocrystも出場する事になりました。先述したとおり、XenocrystOwnzを除けば敵なしだったのでOwnzが出場しない日本予選は圧勝間違いなしでしたが、結果は2位に終わりました。当時のCSを知る人は決勝戦を八百長試合と揶揄し、俺自身もそれは否定できません。国内予選出場前日にXenocrystのメンバーの内二人が世界大会に出場すると高校留年が決定してしまうという事態に陥り、決勝戦でわざと負けてNicotineに優勝を譲らなければならなくなりました。負けず嫌いの自分はわざと負けるのもイヤだし、何よりも世界大会に出たかったので勝ちたかったのですが、さすがに高校留年と言われてはどうしようもなかったです。Nicotineはあの国内予選で決勝まであがってこれたのが奇跡といっていいような実力でした。元Deadly DriveArkが所属しているとはいえ、CS暦1年に満たないプレイヤーが一人か二人おり、当時の日本では中堅クラスです。世界大会に出ても無残に散るのは火を見るより明らかでした。

同年12月、CPLに出場したNicotineは予想通り0-13(当時のCSは15R制ではなく12R制なので13R先取です)で2連続で試合を落としてあっさりと敗退しました。Gotfragという海外の著名なe-sportsサイトのフォーラムでは一部の海外プレイヤーがシード権まで得て出場した日本のチームがあまりにも弱い事に対する中傷を書き込みました。それを見た俺とparanoiacは計画をさっさと実行に移そうと決意しました。

計画というのは、先ほどのCPL WINTER 2003 日本予選後の打ち上げでparanoiacが「そろそろSKぶっ潰せるチーム作るか」という軽い一言から俺、paranoiac、kei(初期4dNのマネージャー)の3人で構想していた世界で勝てる日本チームを作るというものです。3人で何度かkei宅に集って誰を入れるか、どのように練習するかを綿密に話し合いました。真っ先に招集するべきメンバーとして挙げられたのはEnzaKeNNyでした。やはり世界で勝つとなると妥協なしのベストメンバーで挑まなければなりません。それを前提にするとこの二人なしで世界に挑むのはありえないという結論に至り、決定と同時に連絡をとりました。

広島在住のEnzaはわざわざ東京に住まなければならないという条件があるにも関わらず、すんなりと了承してくれましたがKeNNyはそう簡単にはいきませんでした。当時のKeNNyは俺をかなり嫌っていたからです。というのも2003年の半ば頃、一度Deadly Driveを抜けたKeNNyを俺の再三に渡る「俺と世界行こうぜ」という説得でDeadly Driveに引き戻したのにも関わらず、俺はその言葉を裏切るように世界大会直前にDeadly Driveを脱退したからです。あのような形で約束を反故にした俺をKeNNyが信用できないのは当然だったと思います。ごめんねKeNNy! ((>_<)) しかしkeiの必死の説得もあってなんとか加入が決定しました。残る一人は最初にicebergが候補にあがりましたが、彼は当時まだ15歳という若さだったためCPLに出場できない年齢でした(CPLは一部例外を除いて17歳以下は出場禁止)。3人で考え抜いた末、Xenocrystで数ヶ月国内で戦ってきた中で、最も撃ち合いが強い印象のあるOwnzのエース、キチガイAIMerのPenzを誘う事になりました。

2004年1月、4dNの原型となる2nd-age(仮)が結成されました。当初の予定通りEnza, KeNNy, paranoiac, SpiNner(Penz), XrayNの5人がスターティングメンバーとなり、補欠に年齢制限のため出場できないicebergが加わりました。K.I.Aという国内大会に2度、2nd-ageというチーム名で出場後Four Dimensionという名称に変更しました。チーム名の由来はよく言われている(むしろ自称していた)「四つの要素」というのは後付で、本当は俺がなんとなく響きがカッコいいからというくだらない理由でつけたものです。

それに伴い、EnzaPenzが上京し、kei宅で3人の共同生活を始めました。keiは親が金持ちなので20畳~25畳ぐらいのワンフロアを貸切にして住んでおり、そこに3人で住むというものです。更にそのフロアに6台パソコンを並べ、週末になったら残りの3人(KeNNy, paranoiac, XrayN)が訪れてLANで練習するという計画です。結成当時から既に国内に敵なしだったため練習試合は毎日マネージャーであるkeiが韓国や中国と連絡をとって対戦相手を探すというものでした。IAM2というCS動画なども見慣れないタグの相手はほとんど中国や韓国のチームです。

初期の4dNは指揮官にEnza、スナイパーがparnaoiac、残りがアサルターという形で構成されたチームでした。「あれ?XrayNはスナイパーじゃないの?」と思った方もいるでしょうが、これには少々ワケがあります。当時からAWPと動きには定評があった自分ですが、正直アサルトは他の4人に比べると少し見劣りしていました。長所を伸ばすか、短所を補うか迷いましたが、paranoiacがスナイパーになりたいという希望も後押しして短所を補うためにアサルターに転向しました。実は奇跡的にXenocryst時代の俺のPoVデモが一つだけ残っており(今から丁度7年前のモノです)、見てみるとAWPは今見ても結構上手いレベルですが、アサルトは今の国内中堅プレイヤーより下手かもしれないぐらい酷いものです。まぁ当時の全体的なCSの実力を考えれば仕方ないですが、それでもちょっと酷いなコレってなりました。

共同生活をはじめたEnzaPenzはホント毎週のようにケンカしていました。18歳という血の気溢れる若者が同じ部屋でプライベートもなく生活するのだから衝突は避けれないものだったのでしょう。また、Penzは抜群のAIMセンスを誇り、国内で比肩できるモノがいないほど撃ち合いが強いプレイヤーでしたが、経験不足や知識不足のため動きが笑えるほど酷いものでした。そのため、チームの指揮官であるEnzaには毎試合のように叱咤されていました。その他にもメンバー同士の意見の対立や考え方の対立が何度か起こりましたが、チームの空気が険悪になるようなケンカは一度もなかったと思います。あれだけアクが強いメンバーが揃った癖に不思議なものです。

設立当初の流れはこんな感じです。今度はCPL2004夏の話でも書こうと思います。
[ 2010/08/02 12:54 ] Mumble | TB(0) | CM(21)

面白い!
[ 2010/08/02 13:19 ] [ 編集 ]

> うるーる君
  さりげなく愛読者だね!
[ 2010/08/02 14:07 ] [ 編集 ]

りん

うわぁーこれはrayさん本にしなきゃダメですわー。
印税クルーーーー!
次回も楽しみっす!
[ 2010/08/02 15:17 ] [ 編集 ]

ガチと言えるための環境づくりがどれほどのものかというのを、さらりと、しかし強烈に教えていただいたと思います。

自分はCSOのライトプレイヤーですが、ここまで本気だった方々からの教えを受けつつ、仲間とチーム戦ごっこを楽しめる環境に、ただただ感謝です。

続編、楽しみにしています :)
[ 2010/08/02 16:59 ] [ 編集 ]

こういう記事はとてもおもしろいです。なぜなら最近のプレイヤーにはこう言った事を知る機会がないからです。
メンバーの入れ替わりなど、4dnがあった2008年まで詳しく知りたいです。noppoさんやsionさんも所属していたというのもとても気になります。
[ 2010/08/02 17:35 ] [ 編集 ]

これは面白いw
[ 2010/08/02 17:35 ] [ 編集 ]

世界のroppatiを笑うとけつ掘られるよ。
[ 2010/08/02 18:31 ] [ 編集 ]

> りんさん
  乞うご期待!

> るわさん
  4dNがあったのは2006年までですよー。

> alcon
  そういえばあいつNicotineいたなw
[ 2010/08/02 21:19 ] [ 編集 ]

としどんとペンズさんが喧嘩しまくりだったってのは意外でした!!
[ 2010/08/02 23:28 ] [ 編集 ]

王者不在の時代に戻りたい
[ 2010/08/03 12:29 ] [ 編集 ]

おもしろい

それと、さりげなくかなり読みやすい文章でした
[ 2010/08/03 13:22 ] [ 編集 ]

記憶力はんぱねえw過去の事を思い出せと言われてもすんなり思い出せないわ。
kei宅のLAN懐かしいな・・・
俺が韓国人の友達連れてきて冷蔵庫にキムチいれたら大変な事になったっけ・・・w
続きも期待してます。
[ 2010/08/03 16:05 ] [ 編集 ]

> KeNNy
  あの韓国女だろw キムチくせえなんてもんじゃないぐらい臭くて吐き気したぜ・・・。何故か結構記憶してんだよなぁ昔の事。事こまかに書いていけるぐらい覚えてるから期待しててくれぃ!
[ 2010/08/03 16:45 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/03 21:01 ] [ 編集 ]

すまそw
送信ボタンの上のチェック、ぶれておしちゃったwww
消しといてちょ。

面白いので、
続編きぼん。
よろーーー
[ 2010/08/03 21:03 ] [ 編集 ]

これはおもしろいっすわ映画化希望
[ 2010/08/03 22:48 ] [ 編集 ]

懐かしすぎて屁がでた。
そういやあたいもXenだったわね 青春よ 私たちの青春よっ
[ 2010/08/04 00:44 ] [ 編集 ]

とても読みやすかったです。こんな記事書いてくれるなんて感謝。
[ 2010/08/04 09:07 ] [ 編集 ]

懐かしい
7年も前でしたか ちょっと涙出そう
次回期待 応援します
[ 2010/08/04 13:52 ] [ 編集 ]

XrayのD2脱退があった頃、色んなところで火の手が上がってました。IRCでいろんな人の人生相談に乗って、気がつけば朝っていうことがしょっちゅう。目標は同じでも、誰について行くべきか、誰との約束があるとかないとか、誰が横槍入れてきたとか、それはもうドロドロしたもんだった。もう時効だと思うので。

7年か。
[ 2010/08/05 13:12 ] [ 編集 ]

fmj

一年ぶりにIam2見た
感動した
[ 2010/08/05 15:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/128-cad8c247



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。