スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SHIMAKIX MANGA -001-

配信中にレイさんのお勧め漫画をリスト化してほしいという要望が今まで何度もあったのでやってみようと思います。いざ頭に思いつく好きな漫画をリストアップしていったら100を超えてしまったので再度厳選しなおしたんですが、それでもやっぱり100超えちゃいますね。一つ一つ少しではあるものの紹介していくと結構時間がかかるので10個ずつ出していこうと思います。まぁ漫画好きなら大体知ってるのばかりだと思いますが、暇つぶしにどうぞ。あと少年ジャンプの漫画はメジャーすぎるので3点のみ好きすぎるのだけいれる事にしました。取り敢えず思いついた順に紹介していきます。




ベルセルク

現在ヤングアニマルにて不定期で連載されている三浦建太郎によるファンタジー漫画。知名度も当然高く、ゲーム化アニメ化もされている。自分の中では今現在連載されている漫画で1,2を争うほど面白い。連載開始時は1989年で、今年で20周年になる長寿作品だが最新刊は2009年9月現在で全34巻という少なさ。作者の三浦先生曰く、自分が死ぬまでに描き終わる気がしないそうな。HxHの富樫先生やバスタードの萩原先生と違って休むことなく毎日真面目に執筆しているのにも関わらず中々話が進まない理由は作画に拘りすぎているからだろう。現在大きく分けて三部構成されており(黄金期、グリフィス復活まで、グリフィス復活後)、初期の黄金期の話が最も知名度が高く人気がある。自分はどの部も好き。画力、構成力、プロット、台詞などなどどれをとっても一級品。



サンクチュアリ

原作史村翔、作画池上遼一でビッグコミックスペリオールにて連載されていた漫画で、1995年に完結している。完結している漫画の中で俺個人の面白い漫画ランキングベスト5の筆頭にくる漫画でもある。日本人でありながらカンボジア戦乱孤児として生き抜いた二人の男、北条彰と浅見千秋が織り成す政治ドラマ。片方が裏の社会であるヤクザ、もう片方が表の社会である政治家として腐敗しきった日本の政治に変革を起こすという内容。熱すぎる有能な二人の男の生き様と友情に最後は涙した。



寄生獣

モーニングオープンと月刊アフタヌーンに連載された岩明均による漫画。1995年に完結しており、15年たった今でも名作として語り継がれている作品。小学生の時に通院していた耳鼻科に単行本がおいてあり、そこで最新巻手前まで読んだものの、まだ小学3-4年生だったのでイマイチ内容を理解しておらず、面白さと作者が作品を通して何を伝えたいのかが全く理解できなかった。中学生の時に友人宅で読み直して猛烈に感動して信者化完了。空から飛来した謎の生物ミギーに寄生された少年泉新一を主人公を中心としたヒューマンドラマ。生命体の本質みたいなものを考えさせられちゃうね。



ヒストリエ

上で紹介した寄生獣を描いた岩明均が現在月刊アフタヌーンにて連載している漫画。2003年から連載しているものの休載が多いため話の進みが遅く最新巻は6巻。最新巻はまだかーと首を長くして待ち続けても一向に発売されず、話の内容を忘れた頃に発売されるので最新巻が出るたびに最初から読み直さなければならない漫画の一つ。紀元前4世紀のギリシアやマケドニアを舞台にしており、歴史が好きな人は間違いなくハマると思う。高校生で大学受験で世界史を控えている人は読んでおけば紀元前のヨーロッパ圏の文明をイメージしやすくなっていいかもしれない。某匿名掲示板で多様される「よくもだましたなああ!だましてくれたなあああ!」(すげぇ名シーンなんですけどね)や「ば~かっじゃねえの」などの元ネタでもある。



プラネテス

モーニングにて1999年から2004年まで連載された幸村誠によるSF漫画。今から約70年後の世界を舞台とし、宇宙開発に携わる主人公、星野 八郎太を中心としたヒューマンドラマである。宇宙開発でSFというジャンルなのでなんだか派手な感じだが、主人公はスペースデブリ(宇宙に放棄されたゴミ)を回収する業者というなんとも地味な役割。アニメ化を切欠に知名度が一気にあがった。アニメを見た人は必ずといっていいほど薦めてくるが俺はまだ見てない。原作見るとアニメってどうも見る気がしないんだよねぇ。



ヴィンランド・サガ

上記で紹介したプラネテスを描いた幸村誠が現在月刊アフタヌーンにて連載している歴史系漫画。現在連載されている漫画で一番好きな漫画で、2010年10月現在最新巻は9巻。CSプレイヤーなら馴染み深い11世紀の北欧を舞台にしており、CS同様に北欧の無双っぷりを楽しめる。トルケルつええええ!圧倒的な画力とプロット、何よりも出演するキャラクター達の魅力で読み手を作品へと引き込む。プラネテスも凄かったけどこっちの方が熱い展開が多くて俺好みだ。ヒストリエと同様に大学受験に歴史控えてる人は読んでおけば11世紀のヨーロッパ圏をイメージしやすくなるかもしれない。取り敢えず親父最強でカッコよすぎやろ。



花の慶次 -雲のかなたに-

1990年から1993年にかけて少年ジャンプで掲載された、北斗の拳で有名な原哲夫による時代劇漫画。隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作としている。戦国の世を、当代きっての傾奇者として生きた漢・前田慶次の奔放な生きざまを描いた作品である。北斗の拳の絵はそこまで好みじゃないが、花の慶次の絵はトップクラスに好きな絵柄だ。日本男児なら必読だと思う。とにかく主人公の慶次は快男児すぎて痺れるどころか涙してしまう。取り敢えずゴチャゴチャ言うつもりはない、ただ一言「慶次から男を学べ」、ただそれだけだ。また、俺の中の少年誌ではなく青年誌でやるべきだった漫画No1でもある。「だがそれがいい」という名台詞は未だに某匿名掲示板で見かけることがある。




2000年から2002年までビッグコミックスピリッツにて連載された曽田正人によるバレエ漫画、全11巻。バレエを題材にした珍しい漫画であり、俺自身バレエの事なんぞさっぱりわからんがそれでも面白い。主人公の昴が変人であるものの魅力的で、昔の俺のセクシャルファタンジーだった。作者である曽田先生は迫力ある構図や絵を描く能力は勿論のこと、何よりも天才を描くのが上手すぎる。意味がわからないぐらい中途半端な形で完結したが、2007年に「MOON 昴 ソリチュード スタンディング」というタイトルで続編がスタートされ、現在も連載されている(2010年10月現在、6巻まで出てる)。



シャカリキ!

上で紹介した曽田正人による漫画で1992年から1995年に少年チャンピオンで掲載された自転車漫画。昴と同じく天才を主人公とし、パンピーには理解できない天才故の奇行や苦悩、そして努力をうまく描いている。この漫画を通して自転車レースがいかに過酷な競技であるかを知った。2008年あたりに実写映画化された(見てない)。


capeta006_1280.jpg

Capeta

三度曽田正人による漫画で、2003年から現在まで月刊マガジンで掲載されている自動車レース漫画。ええ、好きなんです、曽田正人先生の作品は全部。正直自分は自動車に興味が全くなくて、F1とかも何が凄いのかよくわからなかったし曽田先生が描いてなかったら読まなかったと思う(レース漫画で有名な頭文字Dも20巻ぐらいまでがんばって読んだけど結局全然面白くなかった)。そんな俺でも読み始めたら止まらない、それがCapeta。マジ曽田先生すげえよ!Capetaを読むまでF1のパイロットってただ車運転してるだけじゃんって思ってたけど、読み始めてどいつもこいつも超人だという事がよくわかった。
[ 2010/09/28 22:41 ] Review | TB(0) | CM(20)

ミギィイイイイイイイイイイイイイイ
寄生獣は面白かった 
[ 2010/09/28 22:46 ] [ 編集 ]

寄生中読み直そうかな
どっかの記事のコメントにもあったけど
rayさんて文章上手ですね
[ 2010/09/29 08:57 ] [ 編集 ]

ヒストリエは最近全巻読んだけど、本当に面白かった
[ 2010/09/29 09:19 ] [ 編集 ]

rayさんの影響でヴィンランド・サガ読み始めました
[ 2010/09/29 14:36 ] [ 編集 ]

一色まことのピアノの森をお勧めしたい
マンガの趣味が合うのでおそらくレイさんにもハマると思う
ただ、おそらくもう読んでいるだろうだけどw
[ 2010/09/29 15:20 ] [ 編集 ]

> 一色まことのピアノの森をお勧めしたい
  当然のごとく読んでおりますw 一時期作者逃亡して連載中止になって愕然としたのはいい思い出。
[ 2010/09/29 18:12 ] [ 編集 ]

サンクチュアリだけ読んだことが無かったので今度読んでみます!
俺の最近のオススメはキーチ!という漫画です。何か色々ぶっとんでますw
[ 2010/09/29 19:11 ] [ 編集 ]

センゴクをオススメしたいです。
歴史に興味なくてもはまってしまう面白さがあります。
あと定番だけどテルマエロマエとか
[ 2010/09/29 19:17 ] [ 編集 ]

> ススメはキーチ!という漫画
  新井秀樹の漫画ってどうも好きになれないんですよね・・・。



> センゴクをオススメしたいです。
  テルマエロマエもセンゴクも両方読んでるし、好きですよー。
[ 2010/09/29 20:26 ] [ 編集 ]

ビックコミックスで連載されていたギャラリーフェイクをぜひオススメしたい

しかしXrayNさんと漫画の好みが同じだなー

プラネテスは自分は原作よんでからアニメみたんですが素晴らしい作品でしたよ!
[ 2010/09/29 20:43 ] [ 編集 ]

寄生獣しかわからんがたぶんどれもナイスセレクトだな
[ 2010/09/29 21:46 ] [ 編集 ]

>KMさん
  ギャラリーフェイクも好きっすよ!っていうかみんな紹介する予定のタイトルをバンバン言いまくりおって! ><

>寄生獣しかわからんがたぶんどれもナイスセレクトだな
  間違いない。
[ 2010/09/29 23:55 ] [ 編集 ]

ベルセルク買って読みましたけど、生まれてはじめて三周読みました。ここまで読んでて一瞬もモチベーションが下がらない漫画ははじめてです。
次どれから買おうか・・・・・
rayさんの好みかどうかはわかりませんが、かわぐちかいじさんが絵を描いている(原作は別)僕はビートルズ。むっちゃ面白いです。
まだ単行本出てないですけど。ちなみにモーニング連載中です。
[ 2010/09/30 19:30 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/30 19:32 ] [ 編集 ]

これはMONSTER好きそうなラインナップ
[ 2010/09/30 20:00 ] [ 編集 ]

山下和実著 不思議な少年
一読の価値あり
[ 2010/09/30 21:57 ] [ 編集 ]

よかったらオススメ洋ゲーもリスト化して欲しいです
[ 2010/10/01 20:58 ] [ 編集 ]

これみてヴィンランドサガ3巻まで買った!
買ってよかった!!
[ 2010/10/03 23:53 ] [ 編集 ]

>(レース漫画で有名な頭文字Dも20巻ぐらいまでがんばって読んだけど結局全然面白くなかった)

同意です
バトルが無駄に長過ぎてダラダラしてて疲れました
[ 2010/10/08 08:46 ] [ 編集 ]

お勧め洋ゲーリストいいですね!!
[ 2010/10/08 20:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/165-aead1377



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。