スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Patrik "cArn" Sättermon Interview @ HLTV.org translated in Japanese

6553.jpg

今回世界中のCSプレイヤーを驚かせたFnaticとSK間で行われたトレード劇についてcarnさんのインタビューが掲載されていました。これはCSプレイヤーなら絶対に興味があるだろうと思ったので和訳してみました。久しぶりに和訳をやったけどやっぱ適切な言葉を考えるのが面倒ですねぇ。

Q.01 : 旧メンバーである3人(f0rest, GTR, Gux)が貴方とdsnを除いた新たなチームを結成しようとしている事を何時知りましたか?
我々はDreamHack 2010の後、大会の結果には関わらず、すぐにチームミーティングをする予定でした。そのミーティング中、3人が既にSKと新たなチームを作るためにコンタクトをとっている事を知りました。

Q.02 : 貴方はどういう反応を示しましたか?
World E-sports Masters 2010の直後、旧メンバーの3人は私にdsnを解雇して新たなメンバーを入れるよう要求してきました。たった一つのトーナメントで調子が悪かっただけでクビを宣告されるのはおかしいし、また私は今年のFnaticの不調の責任の一端が彼にあるとは思っていませんでした。この意見はFnaticの運営陣にも伝えられたため、DreamHack 2010に向けて論議することにしました。

知っての通り我々はDreamHack 2010の準々決勝でNaviに敗退しました。予定通りこれからに向けて我々自身の問題に対しての解決策をみんなで話し合うかと思えば、旧メンバーの3人は私とdsnをFnaticから解雇し、RobbanとAllenを後任として迎え入れなければ自分たちがチームを去ると伝えてきました。

それを聞いたとき、驚きと同時に面白さを感じました。旧メンバーは長年まともに世界的な大会で優勝しておらず、良い結果を残しているとはいえないプレイヤーであるRobbanとallenを私とdsnの後任に指名してきたのです。私とdsnよりも若く今伸びている才能のあるプレイヤー達と我々を変更したいという意見のほうがよっぽど理解のできるものでした。

Q.03 : ここ数カ月、Fnaticはどんな感じでしたか?何か問題があったり、メンバーの一部がチームに対して献身的ではない等といったような事はありましたか?
私は常に旧Fnaticは最高のチームだと信じてきました。素晴らしいアサルターと試合を引っくり返す事の出来るAWPerで成立っていました。最終的に我々に欠けていたのはチームプレイです。我々は試合のほとんどを個々人のパフォーマンスで戦っていたため、ゲーム内でのコミュニケーションが全く機能していませんでした。

Q.04 : 旧Fnaticのメンバーで今後良い結果を残せたと思いますか?それとも今後を考えるとメンバーチェンジは必須事項でしたか?
DreamHack 2010後、我々のメンバーチェンジは確かに必須事項であったと思います。しかし今になってその時私が旧Fnaticのために考えていたベストな構想をここで打ち明けるのはあまりにも無意味です。

Q.05 : 今年のFnaticが今までと違い不調に陥った理由は?
我々自身とNavi、と答えておきましょう。今年私は後悔してならないことが二つありました。ただここは公の場なので言及するのは一つだけにしておきます。IEM4で我々がNaviに敗退した理由は単純なもので、我々は彼らを過小評価しすぎていたことです。それは何故か、彼らは当時チームとしてもプレイヤーとしても何のタイトルも持っておらず、何も達成していませんでした。そのため我々は彼らと毎日のように練習試合を行い、危険視していなかったためあらゆる戦術を彼ら相手に試しまし、本番に向けて一切セーブする事はありませんでした。Naviと決勝の舞台で対決した時、彼らはその練習試合での経験を最大限に活かしてきました。決勝戦を除けばIEM4での我々のプレイは、我々のプレイしてきたCS人生の中で、個人技とチームプレイが最高のバランスで成立った最も完成度の高いものであったと断言できます。

私は過去を振り返って後悔の念に囚われるような人間ではありませんが、もし私が過去に戻れるのであればNaviとは少量の練習試合しか行わないでしょう。笑えるのはここ最近Naviは私たちと一切練習試合をしてくれなくなったことです。我々のレクチャーを楽しみ、それに対して一切の見返りを与えない彼らに抱きつきたい気分です(皮肉です)。

Q.06 : チームのリーダーとして、3人の旧メンバーから支持を失って変更を告げられ、そろそろ引退の時期だとは感じませんでしたか?
メンバーからの支持を失うことは、リーダーとして良くない兆候であり自分自身をさまざまな点から分析し省みなければならない機会を与えました。私自身が考える私のリーダーとしての長所(また弱さでもある)はメンバーの意見や判断を聞き入れ、それをチームに上手く順応させることです。仮にその意見が私の戦術や考えから外れていたとしても、その意見や判断を否定することはありません。

最初に言ったように、旧Fnaticの問題点は戦術でも個人技でもなく、チームプレイでした。チームプレイとはメンバー5人全員が意識しなければならない責任です。我々はマップによってin-game leader(指揮官)を変更するという試みを実験的に行いましたがそれも失敗に終わりました。引退するつもりはありません。私は自分自身のリーダーとしての役割をこなす事に対して絶対の自信を持っていますが、皆と同じように上手くいかない悪い時ぐらいありますよ。

Q.07 : Fnaticの運営陣が旧Fnaticメンバーの3人の意見ではなく、貴方の意見を選んだのはなぜだと思いますか?
「Blood is thicker than water(血は水よりも濃い)」(ドイツの諺)の精神からきたものだと思っています。また、運営陣である彼らは1年から1.5年程度でCounter-Strikeがe-sportsのメインストリームから消える事を危惧しています。故に彼らは今まで積上げてきた遺産を元SKプレイヤーであるRobbanとAllenに明け渡すことを心良く思っていません。また、旧メンバーのf0rest, GTR, Guxの3人の結束が断固たるものではなかったことはf0restとGTRがGuxを見捨ててSKに入った事からもわかり、Fnatic運営陣が旧メンバーの計画に乗らなくて正解であったと私は思っています。 

Q.08 : 長年共にチームメンバーとして数々のトーナメントを戦い、またFnaticというチームにとって欠かせないピースであった二人の素晴らしいプレイヤーであるF0restとGTRを宿敵であるSKに奪われた気分はどうですか?
オサマ・ビン・ラディンがアメリカの大統領とホワイトハウスで晩餐するといったもののと比べれば大した事ではないと思っています。ただGTRとGuxは過去SKに在籍していた時に酷い扱いを受けたにも関わらず、そのチームに戻ろうとしている事に違和感を覚えました。

Q.09 : 今現在の旧メンバー3人との関係は?
彼らのFnaticでの努力と残した成績に対して私は尊敬の念を持っています。我々はトーナメントなどで楽しく談話するでしょう。ただそれだけの関係です。

Q.10 : 結局GUXはSKに入れず現在未所属なわけですが、彼をFnaticに戻さない理由は?
彼はすばらしいプレイヤーでどんなチームにも個人技という点においてすぐに適応できるでしょう。しかし彼にとって我々(carnとdsn)は力不足でしょう。なので彼には違うチームでより良い仲間を見つけてほしいです。

Q.11 : 多くのファンたちが新しいFnaticのラインナップにModdiiを入れるべきだと主張しています。それに反した理由を教えてください。
もし我々がファンの皆の主張するFnaticのニューラインナップに適したプレイヤーをいちいち採用していては、その数は25人に達してしまうでしょう。皆に理解して貰いたいのはチームのラインナップを決定する時、重視しなければいけないのはプレイヤーの個人技だけではないという事です。重視するべきなのはその社交性と献身さ、何よりも共に仕事がやりやすいかどうかなのです。これを聞くと私が上記を理由にModdiiを加入させなかったように思えますが、それは違います。私は彼とあまり面識がなく、個人的な付き合いはありません。彼を誘わなかったのは私の周りの人間からの意見やMYMでの解雇、SKと正式な契約を結べなかった点などから考慮した上での結論です。

Q.12 : Nikoを勧誘できなかったことは貴方の計画の支障となりますか?
彼は私の初期の新Fnaticのラインナップに入っていましたが、彼は現在所属しているチームであるLIONSに残留すると思い直し、私は彼の意思を尊重しています。我々にとってnikoが加入しないことは確かに痛手となりましたが、勿論他の候補も考えていました。知っての通りPitaが加入し、彼はNikoの役割を十分に担えるであろうと確信しています。

Fnaticはスウェーデンの才能あるCSプレイヤーを急速に成長させる基盤となり、実際数ヶ月で多くのプレイヤーが世界トップとなりました(Gux辺りが典型的な例でしょう)。彼ら(才能のあるプレイヤー)に必要なのは技術をより磨ける環境と同等の力を持つチームメイトなのです。FnaticはDelpan, Xizt, Pitaが成長するのに適切な環境を与えることでしょう。彼らが2011年に最高の結果を残すことになっても私は全くもって不思議には思いません。

Q.13 : 旧Fnaticと新Fnaticを比較してみてどうですか?
新Fnaticは旧Fnaticに比べて経験不足は否めませんが、モチベーションは旧Fnaticに比べて格段に上がり、数多くのライバル達にとって何をしてくるか予期できないチームとなるでしょう。

Q.14 : 新Fnaticと新SKのラインナップを比較して、どちらの方が強いと思いますか?
ある側面から見ればSKの方が、しかし違う側面から見れば我々の方が優れているといえます。

Q.15 : SKを破る事に対してモチベーションあがりまくりですか?
でしょ!

Q.016 : IEM5ヨーロッパチャンピオンシップは新Fnaticにとって最初の課題となります。貴方たちはそれに向けてどのような準備をし、どのような目標を掲げていますか?
クリスマスをご馳走と家族と過ごした後、我々はすぐに練習期間に入ります。1日のうち8時間を練習時間に割り当てます。目標は勿論優勝することですが、新設ともなるチームにとってそれは達成するには難しい目標です。それは2009年のFnaticや2010年のNaviを見てもわかるように、新しいチームメンバー同士が快適にプレイできるようにはそれなりの時間を要します。


情報元 : HLTV.org - cArn: "We will be more motivated"
[ 2010/12/13 12:08 ] Interview | TB(0) | CM(15)

さすがれいさん、読者の気持ちをわかってる!
[ 2010/12/13 16:24 ] [ 編集 ]

和訳してくれてホントにありがとうございます。
f0restとGTRとGuxがcArnとdsnをkickしようとしたって驚きですね。
rayさんお疲れ様でした。
[ 2010/12/13 16:54 ] [ 編集 ]

でしょ!で笑ってしまったw
[ 2010/12/13 17:09 ] [ 編集 ]

Q15のanswerがww

FnaticとSKの新ラインナップ騒動について、読みたいもんが読めました。ありがとう!
[ 2010/12/13 17:09 ] [ 編集 ]

これは凄いありがたい
今後のcsを見る楽しみが一つ増えました
[ 2010/12/13 18:07 ] [ 編集 ]

walleやtentpoleがいないならGTRはSKでも問題ないのだろうか?
あそこら辺の確執がやっぱり気がかり。
[ 2010/12/13 18:09 ] [ 編集 ]

Q3のanswer、パフォーマンスがパフェーマンスになってますぜ。
[ 2010/12/13 18:46 ] [ 編集 ]

YamatoN

うおー、rayさんありがとう!
[ 2010/12/13 19:16 ] [ 編集 ]

どうもありがとうございました!
読みやすい和訳でした。
[ 2010/12/13 19:24 ] [ 編集 ]

rayさんの技術を生かした、いい記事です。

この記事を読んで詳しい事情が、よくわかりました。
まさか・・・と思うようなことも、記事を読んでて多くありました。
やはりゲームとはいえ、~のプロというものは仕事の1つですから
「dsnを解雇して他のメンバーを入れろ」言った旧メンバーは正しいのかな
とも思いました。(HLTVのdsnだけ輪に入れない写真は心身に深く刻みこまれた)
大会に勝ってその賞金が給料みたいなものですし。

しかし、f0restやgtr、GuxはもうcArnから多くのことを学び
他のチームでも十分すぎるほどのスキルを学んだとおもうので
今度は他のプレイヤーに入ってもらって(今回ならdelpan,xizt,pita)
また旅たたせるという感じで、育成という風な形になるのかなぁと思いました。
上の文はさっき書いたこととは矛盾してる部分がありますが
色々な考えがありすぎて、自分ではうまく伝えられないので
このへんで。

HLTVからのcArnのインタビューの翻訳
本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。
[ 2010/12/13 20:06 ] [ 編集 ]

流石の文章力、興味深く読ませてもらいました。
cArnさん打倒SKにかなり燃えあがってるみたいでw、新生Fnatic×新生SKの対戦が今から待ち遠しい!
和訳お疲れさまでした。ありがとうございました。
[ 2010/12/13 21:02 ] [ 編集 ]

和訳感謝でしょ!
[ 2010/12/13 22:04 ] [ 編集 ]

でしょの不意打ち酷いw
[ 2010/12/13 23:09 ] [ 編集 ]

Q14の答えの意味は
『長年共に闘ってきた仲間をあっさり切り捨てて他に行く彼らに、個人技で劣ろうともチームプレイで負けることはないだろう』って意味に見えた
なんか色々考えさせられるな
[ 2010/12/15 01:29 ] [ 編集 ]

しかしNAVIの存在はでかいなー
[ 2010/12/15 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/182-5bff390a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。