スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

XS:02 de_inferno -x3o- Standard A

はじめに
今回はアメリカで恒例のCSリーグCyberEvolution(CEVO)のx3o対EG.usaの試合から、x3oのA攻めをピックアップした。実は私XrayNは何年も前からEG.usa(旧coL)のファンであり、特にfRoDをunited5時代から世界No1のAWPerとして尊敬している。CPL2005冬の本選でfRodの友人と仲良くなることができ、そのツテでfRod自身と何度か酒を飲みにいったが本当に人柄がよく、トッププレイヤーにも関わらず飾らず優しい人だった。その彼がCS1.6に戻ってきたのは私にとって最高に嬉しいニュースだったのだが、残念ながら今回の試合は敗北という結果に終わってしまった。まぁ、fRodの話はさておき、de_infernoはフェイクがしやすく、巧妙なトリックを仕掛けることのできるマップだ。Aに4人配置されている時にBを、Bに2人配置されているタイミングでAを攻めるのが理想である。つまり、T側の時はいかに相手を揺さぶるかが鍵となる。


説明
シーン1
まずオーソドックスなB側2人、A側3人の形を作る。この時T字の手前までは屋根に乗せるなどしてしっかりクリアリングし、キャットも念入りに確保する。最も安全な方法としては、1人屋根にのせて、もう1人を窓部屋にいれ、最後の1人が階段からキャットをクリアリングする。最終的にA側はキャット2 人、窓部屋1人の形を作る。その間、B側はバナナを確保して適当に壁抜きをして、敵に自分たちの存在をアピールしておく。

シーン2
最初に投げているSGは屋根を越えると同時に炸裂するのでかなり効果的であり、敵は高い確率で味方へその情報を送り、B側を2人で固めようとする。その後、センターに戻り、Begrip(T字にいるとほぼ不可避のFBの名称)を投げ、そのまま素早くキャットへ走る。

シーン3
シーン2のSGとほぼ同時にSGをB側に炊く。これによりCTはよりB側への警戒心を強め、B側を2人で固めようとしてくるだろう。その後、シーン 2の味方と素早くセンターに戻り、Begripにあわせて窓部屋上にFBを炸裂させる。これはショート側、もしくは砂場付近から窓を見ている敵に対して効果的で、窓部屋から飛び出す味方のカバーとしては最適なFBである。FBの炸裂を確認したらそのままT字へと突入し、ロングをグレンス(一瞬だけ見てクリアリングする事)し、一気にショートからAへ突撃する。その際、ロングに一つFBを入れてもいいかもしれない。

シーン4
窓部屋にいたプレイヤーはシーン3のプレイヤーが投げた窓部屋上のFBが炸裂したと同時にショートに飛び出る。この動画で一瞬立ち止まっているのはストームのクリアリング(砂場の奥にあるボックスの裏)と、敵の返しのFBを避けるためである。このプレイヤーはショートから一気に駆け抜け、敵と一番目に交戦する可能性が高い事からチームの中で最も攻撃力の高いアタッカーを配置することを薦める。

シーン5
キャットの手前にあるボックスを利用したFBを2連発でいれる。FB投入のタイミングは、シーン3のプレイヤーが窓部屋上FBを入れたと同時だ。このFBはシーン4で味方がクリアリングしているストームと砂場に対して有効だが、効果は薄い。そのため、2発目を入れると同時に飛び降りている。この動画の場合、プレイヤーはDEを所持しているが、アサルトライフルであっても2発目と同時に飛び降りるのが効果的だろう。また、このプレイヤーのクリアリングの順序はテラス(キャットの出口)から砂場に下りる際の最も一般的な手法であり、初心者の方は真似することをお奨めする。降りた後、砂場に敵がいない場合はすぐ様ショートから突っ込んでくる味方の援護をするべくAサイトの敵と交戦するべき。この際、砂場の左からだと味方と射線がかぶるので、動画のように右側にずれてから戦うのが良い。

シーン6
シーン5の味方が突っ込んだ後、テラスにてAサイトの敵と交戦する。この時、シーン5の味方が砂場にいる敵にやられたらそちらを優先して叩く。筆者的には味方の突入と同時に小砂(CTベースの左にある部屋の更に左)にSGを投げながら出ることを薦める。このプレイヤーは味方の進行がスムーズであるなら、わざわざAサイトにおりず、そのままキャットから味方をカバーするべきである。

利点
* オーソドックスな陣形から切り替えやすい
* 返しのFBが相当上手いクランでなければ、まずFBを喰らわずにキャットが出れる
* 比較的グレネードをあわせやすく、突入のタイミングもあいやすい
* キャットを先行させるのでT字を前で守備しているCTに効果絶大
弱点
* キャット依存の作戦なのでテラスに守備が上手いCTが1人いるだけで潰される可能性がある
* ストームに敵がいた場合、キャットから出る2人が速攻倒せないと崩されやすい
* CTがT字を前で守っている場合、シーン2と3のFBにあわせて返しのFBを入れて潰しやすい
備考
* 弱点が多いように思えるが、キャット先行の作戦の大半は上記の弱点があてはまる
[ 2010/04/07 21:28 ] Strategy | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/2-fee9033c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。