スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

疾風レビュー

haya

予定より大分遅れましたが先月Artisanから発売されたマウスパッド、疾風のレビュー書きました。参考にしてみてくだされ。

使用環境
マウス : Microsoft Intellimouse Optical
ソール : Hyperglide
ゲーム : Counter-Strike 1.6
ゲーム内センシ : 2.3
OS上のセンシ : デフォルト(Windows XPSP3)

使用した感想
まず初速(滑り出し)が恐ろしく速く、飛燕以上である事は間違いない。動かした時点でほぼ100パーセントの加速がかかり、終始安定した滑り具合を実現している。また紫電同様、本当に布製なのかと疑いたくなるほどよく滑る。しかし紫電は飛燕と比較するとマウスを静止させるのにそれなりの慣れが必要で、普段他社の布パッドを使用しているプレイヤーには扱いづらい製品だという印象を受けた。その点疾風は飛燕と紫電の中間に位置する止り具合で、マウスを止める技術にあまり自信がなくとも充分扱えるだろう。特に飛燕の滑り具合に不満を抱いているプレイヤーには是非試してみてほしい出来となっている。初速の速さ(滑り出しの事)は飛燕以上で、紫電ほぼ同等だろう。ゲーム内(CS1.6)での使用感は、ロウ~ミドルセンシに適しており、ハイセンシには向かないと感じた。

個人的な見解だが、CS1.6における最適なマウスパッドは飛燕であると確信している。ある意味では、従来の布パッドの完成形であるとすら感じている。何故なら『滑りと止りの両立』これがマウスパッドの最重要課題であり、飛燕はそれを未だかつて無いほどのレベルで達成したマウスパッドだからだ。ただし、それは布パッドを常用している人間にしか当てはまらず、プラパッドを愛用している人間には滑りが物足りなく感じてしまう可能性は否めない。しかし疾風にはそれを打破出来る可能性が秘められている。つまり疾風はプラの使用感を布に求めるプレイヤーへのアプローチであると同時に、オルタナティブになりえるマウスパッドなのだ。勿論、布パッドを愛用しているプレイヤーにとっても推奨できる製品である事に違いはない。

問題点
これはArtisanのマウスパッド製品全般に言える事だが、とにかく製品が品切れしている事が多く、中々入手する事ができないのが大きな欠点、というより弱点だろう。マウスパッドに対する真摯な取り組みとユーザーの期待に応えるだけの品質を維持し続けている甲斐もあって着実にファンを増やしているので、なんとか製造工場を増加してもらいたいものだ。また、製品そのものの品質において特にこれといった欠点が思い浮かばないが、一つ挙げるとすれば耐久性に不安が残る。Artisanのマウスパッドはどれもきめ細かく縫われた布で製造されており高い品質を誇るが、それ故にデリケートであると感じる。購入した際は日々のケアを忘れず、大切に使おう。

総評
初速:★★★★★
滑り:★★★★★
止り:★★★★☆
価格:★★★☆☆
耐久:?

疾風、紫電、飛燕の比較
初速:紫電=疾風>>飛燕
滑り:紫電>>疾風>飛燕
止り:飛燕>>疾風>>>紫電
[ 2011/09/12 08:06 ] Review | TB(0) | CM(5)

ケアってどんな事をすればいいのですか?
[ 2011/09/12 08:25 ] [ 編集 ]

>> ケアってどんな事をすればいいのですか?
 濡れたタオルで優しく拭いてやるといいです。間違っても直接水で洗うのはやめましょう。
[ 2011/09/12 08:58 ] [ 編集 ]

もちろん、アイロンは使ったほうがいいですよね? :D
[ 2011/09/12 17:29 ] [ 編集 ]

疾風のレビューを見て飛燕を買おうと思いました。
[ 2011/09/12 23:11 ] [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは!ブログ訪問ありがとうございますもし良かったらブログリンクさせてもらいたいと思いました
良ければ相互リンクお願いします
[ 2011/09/22 22:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/234-9738a19e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。