スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

XT:01 十の心得 -初心者編-

CSOをはじめたばかりの初心者向けに、野鯖を通して実力をあげる際の心得を書こうと思う。「別に俺そんな強くなりたくねーし、適当に楽しんでるだけっしょ」という人は読まなくていい。
                             
■その一:同じ場所に3秒以上留まるな
世界で最も成功したプロゲーマーの1人であるFatal1tyは言った、「CSは数あるFPSの中でも最も弱きものが強きものを倒せるゲームだ」と。実際CSはQuakeやUT等とは違い、上級者でも後ろや横をとられると圧倒的にレベル差がある相手に倒されてしまう。その事からもCSは出待ちしている側に大きなアドバンテージがある事がわかる。確かにCSはAIM以上に動きが重要なFPSだが、それは上級者になった上での話しだ。初心者のうちから姑息な手や立ち回りを気にして小さくまとまったプレイヤーになってはいけない。

■その二:KDを気にするな
断言しよう。他の韓国産FPSじゃどうか知らないが、CSにおいてK:Dはそのプレイヤーの実力を測るための物差しになる事はない。自分の成績が気になるのはしょうがない。それもまたFPSゲーマーの性だ。しかし、だからといってKDばかり気にして前に出ないプレイヤーは上達しない。初心者の内から攻める姿勢をとり続けるプレイヤーは、成熟する頃には日本人には数少ない卓越したアタッカーの資質を充分に兼ね備えているだろう。

■その三:スナイパーライフルを使うな

初心者でもAWPを使って有利ポジションに糞キャンプ(韓国産FPSゲーマーの間では芋るというのかな?)すれば簡単にフラグを積み重ねていけるだろう。しかしそのフラグは豚の餌にも成り得ぬ、何の価値もないキルだ。AIMを鍛えるという点でスナイパーライフルは数あるCSの武器の中で最も効率が悪い。また、キャンプ癖もついてしまう。「将来強いAWPerになりたいから使ってるんだよ!」と思ったそこの君!大丈夫、アサルトでAIMを鍛えれば自然とAWPのドラッグショットの命中率も反応速度も上がってくる。最低でも中級者レベルに達してから使おう。

■その四:照準は常に敵が出てくる場所にあわせておけ

初心者を必ずといっていいほど照準を地面に合わせている。思い返せば自分自身も初心者の頃はそうだった。敵と出会ってから数秒で勝敗が決するCSにおいて、遭遇時の照準の位置は双方の有利不利を決定付ける事となる。無論敵から照準が近ければ近いほど早く、そして正確に敵を射抜く事が出来る。何にせよ地面に照準を置くのは厳禁だ。敵が出てくると想定される場所へ、出来れば首元辺りの位置に照準を置いておこう。

■その五:死んだ後の時間を無駄にするな
キャンプをしないで突っ込むととにかく速攻で死ぬ。上級者ですら思いがけないアクシデントやミスでラウンド開始早々に死んでしまう事すらある。暇な死亡後、多くのプレイヤーはフラグトップのプレイヤーを観戦しているだろう。それも悪くはないのだが、上達するためにより良い訓練がある。それはフリールック(プレイヤーを監視せずに自由に移動できる状態)にして、マップを移動する事だ。特に壁の先がどうなっていてどのように繋がっているのか、互いが最速で移動するとどこで最初に遭遇するのかなど、上級者ですら知らない事実に気づいてしまう事すらある。これは国内で最も壁抜きに長けたプレイヤーと恐れられた元プロのparanoiacが初心者の頃によくやった練習方法だ。とにかくマップ理解を深めよう。

■その六:レーダーを見る事に慣れろ
CSのレーダーは自分の位置と大まかな味方の位置のみという情報量の少なさ故に実にわかり辛いが、上手いプレイヤーは試合中、レーダーを10秒に一度は確認している。野鯖で立ち止まる事があればなるべく左上に目を向けてレーダーを確認するように心がけよう。勿論見るだけではなく、中距離ぐらいまでならレーダーで味方の位置が判断できるレベルに達せるように脳内でミニマップを構築しよう。この脳内でミニマップを構築するというスキルは、その五で書いた訓練とレーダーを見る癖によって相乗効果で鍛えられるだろう。

■その七:FBとSGの使用に慣れろ
CSにおいてFBとSGはAIMと同等クラスの重要な技術だ。たった一個のFBがチームを勝利に導く事だってある。サイボーグ亀田のブログで素晴らしいFB動画がアップされているので、これを利用しない手はない。最低でもその動画のFBを丸暗記するべきだ。だが仮に丸暗記してもそれはあくまで知識として覚えただけなので、いつ投げれば効果的なのかさっぱりわからないだろう。実践で何度も繰り返し自分で使ってみて理解を深めなければ練度はいつまでたってもあがらない。全然意味がないタイミングで投げてもいい、とにかく何度も投げてみよう。頭を使ってよく考えながら投げ続ければいつかそのFBの真意を理解できるだろう。そしてここで俺はFBを使いこなせとはいわない。何故ならFBとSGの知識と練度をあげるのは簡単な事ではないからだ。現在世界トップレベルでグレを使いこなせている国内のプレイヤーは二桁に達していないだろう。それほどにグレの練度をあげるのは難易度が高い。

■その八:有利ポジションを記憶しろ
マップ毎にいくつもの有利ポジションと呼ばれる場所がある。ある程度CSを理解したプレイヤーの多くはその有利ポジションで敵を待ち伏せる事が多い。実際そこで待ち伏せているプレイヤーは、出てくるプレイヤーよりコンマ何秒か速く相手を視認でき、大きなアドバンテージを得る事ができる。野鯖で明らかな上級者プレイヤーを見つけたらそいつがよく待ち伏せしている位置を記憶しておこう。そして記憶した場所を攻める際、決め撃ちを狙っていくといいだろう。精度の高い決め撃ちは試合・野鯖両方においてかなり有効な武器となる。

■その九:ストッピングに慣れろ
CSOのカジュアルサーバーやビギナーズサーバーなら多少動いてもまっすぐ飛ぶが、本来CSにおいて静止しなくてもまっすぐ飛ぶ武器はグロックとショットガンだけだ。本来敵を撃つまでの工程は①止まる→②狙う→③撃つの三段階だ。この①と②の工程を同時に出来るようになれば晴れて中級者の仲間入りと言える。

■その十:ジャンプの練度を高めろ
CSには様々な小技といわれる操作系のテクニックがある。その中でも最も奥が深く訓練しなければ身につかないのがジャンプスキルだ。主に試合や野鯖では回避運動をとる際に使用される。バニーホップと呼ばれる高速移動少なくとも4回は続けられるようにジャンプマップなどで練習するといいだろう。マウスのホイールにジャンプをバインドしておくと連続ジャンプのタイミングをとりやすい。
[ 2010/04/09 17:49 ] Tactics | TB(0) | CM(4)

あなた方のような日本の強いプレイヤーがこういう記事を書いてくれるのはすごくありがたいです。とても勉強になります。これからも日本のFPSを盛り上げてください
[ 2010/04/09 23:41 ] [ 編集 ]

やばい これやばい
自分がチームの初心者の人達に言いたかったことが全て凝縮されてる
[ 2010/04/10 12:54 ] [ 編集 ]

その七にある
>>現在世界トップレベルでグレを使いこなせている国内のプレイヤーは二桁に達していないだろう。
これは誰が該当するのでしょうか?
[ 2010/04/10 13:05 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> これは誰が該当するのでしょうか?
Enza、俺、Twist、Rappy(サイボーグ亀田)、JXL(CSOでは伊藤なんちゃら)、Sphere辺りです。
あくまで俺一個人の主観なので、確実ではないです。
しかし日本はAIMがいい人は多いものの、グレが全く使いこなせていないプレイヤーが実に多いです。
[ 2010/04/10 15:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/28-72ffd6d5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。