スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

XS:07 de_nuke -Tyloo- Slow A Rush

はじめに
Arbalet Cup Asia 2010で行われたアジア最強クラスのクランである中国のTyloo対ロシアの強豪Forzeからピックアップ。今回紹介するのは6年ほど前にスウェーデンのクランが生み出したドアラッシュのスピンオフであるスローテンポのAラッシュ。nukeのAラッシュの多くは速攻でドアをFBで開けると同時に攻め込む形が多い事から、開幕にドアが開かずに壁抜きが行われているとCTはラッシュ警戒を一瞬解いてA中の配置につこうとする。そこを奇襲するような形で打って出るのがスローテンポのAラッシュである。


説明
シーン1
テロハウスに進入するTの三人称。見ての通り全員がウォークを主体に進入している。これは敵にテロハウスの足音を聴かれないためでもあるが、それ以上にテロハウスからウォークでドアやコンテナに近づくと丁度いいタイミング(CTがラッシュ警戒を解くタイミング)で配置につけるからである。

シーン2
後ろを向きながらコンテナに近づいているが、それは開幕にAを守備する多くのプレイヤーが投げてくるラッシュ警戒のコンテナFBを回避するためである。真っ暗からコンテナを1mmで覗いてFBを二発落とす。このFBはタワー、ボムサイト、ZETに効果があるが、このFBの真意は敵をブラインドにする事にあるわけではない。敵にFB回避行動をさせる事でドアから味方がFBを投げやすくし、また同時にそのFBを喰らい易くする事にある。喰らってくれればラッキーぐらいの気持ちで投げるFBだが、欠かす事はできない。動画では真正面の敵を狙うことなく撃ち殺されているが、それはコンテナ前にSGが炊かれていて敵を視認する事ができなかったからである。HLTVでは軽くするためにSGの効果が見えない事が多い。この作戦の死に役であるこのプレイヤーはチームのアタッカーを配置しておくといいだろう。

シーン3
シーン2のプレイヤーのカバー。まず最初に投げた窓の枠に当てて弾くFBだが、これはAサイトからドアを狙うCTや、1番(左の鉄骨)上の敵に効果がある。これを投げておかないとシーン4と5のプレイヤーが狙い撃ちされる可能性が大幅にあがるので注意が必要だ。2発目のFBはシーン1のプレイヤーにかぶっている上に、タイミング的に味方が喰らってしまうように見える。しかしシーン2のプレイヤーが事前にこのFBが飛んでくる事を知っていれば、ボムサイト側に突っ込む事で問題なく回避できる。わざわざそんなFBを投げる意図は勿論タワー上からのカバーをシャットダウンする事にある。この役割はカバーの上手いプレイヤーに任すといいだろう。

シーン4
一発目のFBはドアを体で開けながら、FBをドアに叩きつけて変則的な動きをさせるFB(うまく投げるとコンテナ上で炸裂する)を投げる。alex(この動画のプレイヤー)がコンテナ上で炸裂するFBを失敗したのか、それとも最初からこの軌道のFBを投げたかったのかは定かではない。どちらにせよ、このFBはガラスに対するFBであることに違いはないので問題はないだろう。2発目はボムサイトに向かって投げる。シーン2と3のプレイヤーが喰らってしまいそうだが、実はボムサイトのボックスの裏で炸裂するので心配は無用である。ガラスやシャッターなど、Aサイト全体に効果がある。

シーン5
グレは一切使わずシーン4のプレイヤーのカバーに徹する。どれだけ策を講じてもドアを開けた瞬間、敵が目の前にいて狙い撃ちにされる可能性を消し去る事はできないので、こういったラッシュには必ずドア前でFBを投げる仲へのカバーが必須である。C4キャリアーに最も向いている配置なので、なるべくこの配置を任されるプレイヤーにC4を渡しておこう。

シーン6
テロハウスに入ると同時にタワー上へ壁抜きを行う。これはタワーに対して効果的な壁抜きであるだけでなく、敵に「ドアAラッシュはこない」という思惑を植え付ける効果もある。タワーの壁抜きが終わったら裏取りを警戒する。この動画ではスムーズに仲間がAを制圧できているのでいいが、てこずっていたり、味方が二人以上削られた場合は裏取りを警戒しつつもドアからカバーに回るといいだろう。動きのいいプレイヤーに任せたい配置だ。

利点
* FB六つで出来るので経済的
* A中下がり目配置に強い

弱点
* タワーからA中即降りでコンテナに突っ込まれると危険
* シャッターへのSGを炊かないのでその点に注意
* 開幕直後のシャッターからドア前、タワーからコンテナ中へのHEがものすごく痛い

備考
* 投げるFBが六つと少数の上、その内の三つが同じポイントのため敵がブラインドになる可能性はそこまで高くない。あくまでFBは進入のための布石であり、ガチ勝負が主となる作戦である事を忘れてはいけない。
[ 2010/04/07 11:03 ] Strategy | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraisdead.blog2.fc2.com/tb.php/7-096b480d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。